2010年03月26日

<大塚副内閣相>法人税率引き下げ必要 消費税率上げも言及(毎日新聞)

 大塚耕平副内閣相は21日、民放のテレビ番組で、法人税の実効税率(約40%)について「少なくとも30%を切る引き下げが必要。今夏の参院選のマニフェスト(政権公約)に何らかの方向感を出した方がいい」と話し、企業の国際競争力強化のためにも、法人税率を引き下げる必要性を強調した。

 大塚副内閣相は、消費税率の引き上げについても「10%台の半ばまでのどこかに決めなければいけない」と言及。番組出演後、記者団に「次期総選挙で消費税の使い道と、社会保障の在り方を示したい」と述べ、社会保障の整備のために消費税引き上げは不可欠との見方を示した。

 消費税率については、鳩山由紀夫首相は「(衆院任期の)4年間は引き上げない」としているが、菅直人副総理兼財務相は政府税制調査会で、消費税を含めた抜本的な税制改正の議論に着手している。大塚氏は政府税調のメンバー。【望月麻紀】

【関連ニュース】
鳩山首相:「法人税は減税の方向で」 参院予算委
寄付税制改革:地方自治体で先行例 モデルとして注目
消費税:「景気が後退」「必要なら」…閣内に温度差
12月21日号
寄付税制:NPO・市民団体活動支援、地方自治体が先行 千葉・市川市、税1%導入

眞子さま、佳子さまご卒業(産経新聞)
国交省、ディーゼル特殊自動車の排ガス規制を強化(レスポンス)
<野焼き3人死亡>逃げるよりも早く火が…強風下なぜ強行(毎日新聞)
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止−仙谷担当相(時事通信)
<裁判員裁判>集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決(毎日新聞)
posted by ミタ ケンジ at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。