2010年01月28日

ボンバル機、2機引き返し=警告灯点灯−大阪空港(時事通信)

 27日、大阪空港(伊丹)発のボンバルディア機2機が、機器トラブルを示す警告灯の点灯を受け、相次いで同空港に引き返した。いずれもけが人はなかった。
 松山行き日本エアコミューター2305便ボンバルディアDHC−8−402型機(乗客乗員77人)は午前11時ごろ、香川県の小豆島上空を飛行中、前輪が格納されていないことを示す警告灯が点灯。このため、同機は大阪空港へ引き返し、午後0時12分に着陸した。
 また、福島行きアイベックスエアラインズ3177便ボンバルディアCRJ100型機(乗客乗員15人)は午後2時20分ごろ、機体を水平に保つ機器のランプなどが点灯、岐阜県多治見市の上空から大阪空港に引き返した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
ボンバル機引き返し=警告灯が点灯
ボンバル機で発電機に不具合=中部空港に引き返し

篠山紀信容疑者を書類送検=公然わいせつ、モデル2人も−警視庁(時事通信)
マニフェスト実現、覚悟はある=11年度以降の予算で−菅財務相(時事通信)
<訃報>湯川龍二さん93歳=元日本電設工業社長(毎日新聞)
<加害者家族>NPO団体が調査へ 孤立の実態探る(毎日新聞)
田園都市線つきみ野駅で女性が飛び込み 中央林間−長津田間がストップ(産経新聞)
posted by ミタ ケンジ at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少年らの氏名、HPに誤掲載=万引きで摘発49人分−愛媛県警(時事通信)

 愛媛県警は21日、新居浜署管内で万引きしたとして昨年1年間に摘発、補導された7〜19歳の未成年者49人の氏名などを、誤って同署のホームページに掲載していたと発表した。
 期間は15日午後から20日午後まで。外部からの連絡で判明。該当のページには7件のアクセスがあったという。
 県警によると、新居浜署員が15日、ホームページ上の「万引き少年検挙・補導状況」を更新するため、少年らの氏名や年齢、被害状況などのデータと、それを基に作成した資料を、入力担当の別の署員にメールで送付。この署員が誤って氏名などのデータも掲載したという。
 米村隆将警務部長の話 少年の健全育成に当たるべき警察署のホームページに、誤って個人情報を掲載したことについて深くおわび申し上げます。 

【関連ニュース】
「万引き、二度としてはならぬ」=摘発少年や保護者に動画
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」
千葉県警警部、フィギュア万引き=現行犯で逮捕
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑

「民主に期待」55%に下落…読売・早大調査(読売新聞)
通学途中の小2女児、サルにかまれけが(読売新聞)
小沢氏の個人事務所周辺、重々しい雰囲気 「納得できる説明を」(産経新聞)
戦没者遺骨収集シンポに1000人 「国が動かぬなら国民運動を」(産経新聞)
普天間移設先から「硫黄島」取り下げ 社民・照屋氏(産経新聞)
posted by ミタ ケンジ at 05:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

<小沢幹事長>聴取後に行った記者会見の要旨(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が23日夜に行った記者会見の要旨は次の通り。

 ◇冒頭発言

 土地購入の原資は、後援会の当時あった資金をすべて充てると後援会の活動資金が無くなってしまう状況で、私の個人的な資金を提供する、貸し付けするということになった。隠し立てすることではないので記憶している限り事実をそのまま包み隠さずお話し申し上げた。

 報告書の問題については、(平成)16年の売買が、17年の売買のように報告されている問題について、私にそれを知っていたのか、どういうことでそのようなことになったのか、というようなお尋ねだった。

 私は秘書の事務所を兼用した居住不動産について、原資を貸し付けたということが事実のすべてだ。後の具体的な事務は担当者が行った。私が実務的な点にまで立ち入って関与したことはない。検察官の質問にすべて答えたが、隠し立てする必要のないお金で、日付を翌年にしたからといって政治家として困ることもメリットも何もない。このような経理の仕方がされたということならば、私自身はわからないと答えた。

 −−進退への考えと事情聴取に応じた理由は。

 小沢氏 国民におわびしなければならないが、与えられた職責を全うしていきたい。捜査にはいつでも協力すると伝えてきた。問題点が整理されてからのほうがいいだろうということもあって結果として今日になった。捜査には今までもそして今後も協力してまいりたい。

 −−4億円についての説明の経緯が変わっているのでは。

 小沢氏 そんなに説明を変えたつもりはない。個別のことは今まで申し上げてなかったが、個人資金、中身について(事情聴取で)申し上げた。個人資産の中身までをあえて報告する必要性もなかったと思うが、このような事態に立ち至ったので、今日具体的に申し上げた。

 −−国民に説明しきれたと思うか。

 小沢氏 地検の捜査の担当の方にすべてを申し上げた。その意味で、今回の事柄についての説明はしたと思うが、今後さらに国民のみなさんに必要に応じて説明すべきは説明したいと思う。

 −−水谷建設からの金が事務所に流れているとの話について聞かれたか。

 小沢氏 話はあった。私は不正な金は水谷建設はもちろん他の会社からも一切受け取っていない。秘書たちも不正な金を受け取っていないと確信していると言った。

 −−石川知裕容疑者や大久保隆規容疑者の自供内容についての話が出たか。検察、報道への見解は。

 小沢氏 石川はじめ他の2人の供述内容の話は一切なかった。報道の中身についてはぜひ、できるだけ公正に冷静に報道していただきたいと願っている。検察はぜひ、公正、公平な捜査をしてほしい。本日直接会って知っていることすべてを話した。それで納得してもらえるわけではないと思うが、私の説明を真剣に聞いてもらったのは間違いない。

 −−政治資金規正法の虚偽記載について単純なミスと説明してきたが、今日は一切かかわっていないといった。

 小沢氏 私が言っているのは単純なミスや記載ミスはあったかと思うが、不正な金を受け取ってうんぬんということはないと党大会でも言った。現時点でも石川も秘書だった者も精いっぱい自分の任務を果たそうと努力してきたと信じている。

 −−黙秘権を告げられたか。調書は何通署名したか。

 小沢氏 私に対する告発があったとのことで被告発人として説明をうかがうという話だった。黙秘をする権利もあるという話をうかがった。しかし、私は一切黙秘権を行使していないし、すべて答えている。調書は2通署名した。

 −−刑事責任を問われた場合、幹事長を続けながら裁判を戦うのか。

 小沢氏 そのような疑問を解いてもらうために事情の説明をしたのであって、これがどうだったらどうするかは考えていない。

 −−(検察と)断固戦うという決意は変わらないか。

 小沢氏 私が申し上げているのは、私どもあるいは私自身がそのような不正な金であれ行為であれ、もらってもいないし、してもいないということだ。この主張は貫いていかなければならない。その考え方は変わっていない。ただ、公平公正に捜査してもらう以上、今後も協力していきたい。

【関連ニュース】
小沢幹事長:「陸山会貸付の経緯」説明文を公表
陸山会土地購入:市民団体が小沢幹事長を告発
中国:小沢幹事長聴取を速報 「日本の政治地震」
小沢幹事長:地検の事情聴取終わる
小沢幹事長:地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か

「石川容疑者が起訴されないことを望む」…首相(読売新聞)
【剛腕の威光】(3)小沢氏側近逮捕 「深沢銀行」 カネの力で権勢伸ばす(産経新聞)
小沢氏、神妙会見…強気な姿勢一転(読売新聞)
都予算原案 石原知事会見「知恵を絞り汗かいた」(産経新聞)
<綾部市長選>前市理事の山崎善也氏が初当選(毎日新聞)
posted by ミタ ケンジ at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。